2017年6月4日日曜日

自宅でかご編み【宿題】

今月中なるべく早く仕上げるため、自宅に持ち帰ってかごバッグを編むことにしました。

まずは行う場所です。
かご編みをするときには、複数の長いラタンを使うのである程度の広さが必要になります。それに、霧吹きで水をかけて湿らせた状態で編み進めていきます。ラタンが乾いてしまうと編みにくく常に水分補給が必要です。

その結果、浴室で作業をすることにしました。
広さは全然足りないけど水の心配をしなくてもいいですからね。

側面を編むだけなので難しくはありませんが、角と広がらないよう狭くならないよう気をつけます。
ときどき上から見下ろしてチェック。

2時間ほど黙々と作業し、あと少しというところで集中力が切れました。編み目を間違えました…
教室で先生とも話をしますが、2時間を過ぎると編み方を間違えたり細かいところまで意識しなくなります。なので、休憩を入れることが大事です。



予定していた高さまで編み終わりました!
次回の教室では、3本ラタン編みとふち編みをします。
ゴールが見えてきたぞ!

0 件のコメント:

コメントを投稿